老神温泉 伍楼閣

はじめに

老神温泉は、群馬県東部にある鄙びた温泉地です。栃木県北部と結ぶ国道120号線(日本ロマンチック街道というそうです)の近くにあります。以前は混浴温泉が多数あったのですが、現在は恐らくここと金龍園の2湯のみとなっています(´;ω;`)

総合満足度:露天2つが混浴です♪ それぞれ、いい作りの温泉です♪

混浴の入りやすさ:いくつか湯舟があったり広かったり、入りやすいと思います。混浴が嫌な人は貸切がありますのでそちらに入りましょう。

※現在は撮影禁止となっております。カメラの持ち込みは禁止されていますので、決して持ち込みませんようにお願いいたします。なお、これらの画像は撮影が禁止される前のものです。

アクセス

利用規約

羽田空港から首都高速・外環道・関越道を経由し、沼田ICで出て、約2時間半

住所:群馬県沼田市利根町老神602

電話:0278-56-2555

ウェブサイト:http://www.gorokaku.com/

外来入浴:12:00~15:00(以前はもっと長かった…) 2時間1,000円(HPで確認しましたが、今も変わりないようです) 赤城の湯と岩鏡が混浴です。

岩鏡

打たせ湯、上の段と下の段の湯舟があります。上の段が熱く、下の段がぬるくなっています。痛恨ですが、打たせ湯の画像がありません(´;ω;`)

CANON EF17-40mmF4L 17mmF4 1/100sec ISO 1600

打たせ湯は画面真ん中後方のおじ様のところにあります。ここは熱い方の上の段の湯舟です。熱いので長湯には不向きだと思います。バックには竹林がありますね。北海道では竹林なんて見ないので新鮮です。

CANON EF17-40mmF4L 17mmF4 1/50sec ISO 1600

反対側に座らせて、縦位置にしてみました。女と書いてあるのが女性用脱衣所ですね。

CANON EF17-40mmF4L 17mmF4 1/80sec ISO 1600

反対向きです。左に見える階段は廊下への出入り口だったかと思います(昔なので自信がない(^^;))右奥の手すりみたいなのは柵で、下の段のぬる湯に向かう道かな?

CANON EF17-40mmF4L 17mmF4 1/160sec ISO 1600

こちらは下の段のぬる湯です。奥に見える階段から降りて来て、右奥の方に脱衣所があった気がします。こちらはぬるいので長湯向きになります。

CANON EF17-40mmF4L 17mmF4 1/100sec ISO 1600

反対向きです。1枚目の画像の背景と同じような感じになっていますね。傘が置いてありますが、実際には屋根付きですので、傘は不要だと思います。

赤城の湯

こちらの脱衣所は男女共用だった気がします(^^;)(なにぶん昔なのでご勘弁を)。下の画像の奥の何か字が書いてある感じのところが脱衣所です。

CANON EF17-40mmF4L 17mmF4 1/30sec ISO1600

赤城の湯は湯舟がふたつあり、この外側の湯と、内側の湯があります。

CANON EF 17-40mmF4L 17mm F4 1/15sec ISO1600

妻の左後ろの湯舟が内側の湯です。内側の湯に浸かっている画像が、なんと、1枚もありませんでした(´;ω;`) 熱かったような記憶があります。

CANON EF17-40mmF4L 17mmF4 1/15sec ISO1600

こういう暗いところでは、腕立て伏せの重要性が認識されます(笑)1/15secのシャッターでも、17㎜ならあまり手振れはしないんですけど、やはり震えない程度の筋力が必要ですね(^^;)

アングルを変えたら、内側の湯の様子もお分かりいただけたでしょうか?

CANON EF17-40mmF4L 17mmF4 1/100sec ISO1600

外側の湯の、脱衣所とは反対方向の奥はこういうふうになっています。いい雰囲気ですね。紅葉が少し色付いています。

CANON EF17-40mmF4L 17mmF4 1/30sec ISO1600

一番奥はこういう感じです。こちらもやはり竹林があったのですね。竹林は北海道にはありません。笹ならありますけどね。

どうやら、赤城の湯も熱い湯とぬるい湯があったようです。

参考になりましたでしょうか? 老神温泉に残る貴重な混浴温泉です。大事にしましょうね。