知内温泉ユートピア和楽園

はじめに

知内温泉は、歴史の浅い北海道において、本当か?と思ってしまうのですが(^^;)、開湯800年だそうです。まあでも、室町時代には和人がいたようですから、本当かもしれませんね。松前にも近いですし。現在、函館周辺における唯一の混浴施設(野湯除く)となっています。

混浴の入りやすさ:脱衣所が湯舟から見えないのはいいかな。その代わり、旅館側から丸見えか(´;ω;`)入りにくいかも。

総合満足度:いいお湯なんだけど、いかんせん、熱い‼ 冬ならいいのかも。水道がついてなかったら入れなかった!

アクセス

北海道上磯郡知内町湯ノ里284

電話:01392-6-2341

日帰り入浴料金:大人460円 子供330円

日帰り入浴時間:7:00~21:00 休館日なし

ホームページ:http://01392onsen.com/

Google map/Google Earth追加利用規約

北海道はとても大きいので、地図の縮尺が内地と違います。近く見えてもとっても遠いんです。函館空港から70㎞もあります。北海道の感覚では70㎞は近いんですけど、意外と遠いし、函館周辺は道も混んでたり、北海道の割に道が狭かったりしますのでご注意を(^^;)

混浴露天風呂

まずは旅館で受付です。受付前に玄関前にて。

Sigma 24mmF1.8 F2 ISO 100 1/640sec

珍しく着衣の画像を貼っておきますね。この赤いクルマは、アメリカンマッスルカーで、私のクルマではありません(^^;) おや、赤いマスタングといえば…( ̄ー ̄)ニヤリ ご存知の方もおるやもしれませんね。

ケータイカメラ

館外に出る出口は、冬場を見越してこのように囲われた作りになっています。

ケータイカメラ

これが露天風呂の入口になっています。

ケータイカメラ

露天風呂全景です。東屋式の屋根に囲われた作りになっています。手前に源泉投入口がありますね。いかにも源泉100%かけ流しの作りです。

さて、入浴です。

Sigma24mmF1.8 F2.0 ISO 100 1/160sec

わざわざ反対側に行って入浴します。なぜなら…

Sigma 24mmF1.8 F2.2 ISO 100 1/50sec

熱い!んです(^^;) 反対側に水道があったので、全開です(;´・ω・)

Sigma24mmF1.8 F3.2 ISO 100 1/100sec

せっかく源泉100%かけ流しなのですが、水道を混ぜないと熱くてかけ湯もできません( ;∀;)

Sigma24mmF1.8 F2.0 ISO 100 1/250sec

熱いんですよ。本当に。

FA35mmF2AL F4 ISO160 1/250sec
Portra160NCよりスキャン

水道は相変わらずの全開、それでも浸かれません(´;ω;`)

FA35mmF2AL F4 ISO 160 1/250sec
Portra160NCよりスキャン

足湯状態が精いっぱい!(^^;) あ、バックに写っているのは、友人の”梨奈の旦那”さんです♪(友情出演) お仕事で函館にいらしたついでにごいっしょしてくれました。私たち2人の写真もたくさん撮ってくれました♪ ありがとう!もちろん、つまり、梨奈の旦那さんはうちの妻の裸を至近距離で隅から隅まで見ちゃった!ってことです( ̄ー ̄)ニヤリ そうです。赤いマスタングは、梨奈の旦那さんの、だったんです。

Sigma24mmF1.8 F2.0 ISO 100 1/100sec

水全開のところなら浸かれるようになってきました(^^;)

Sigma 24mmF1.8 F2.0 ISO 100 1/125sec

でも、熱いのですぐに暑くなってしまいます(^^;)ちょっと出て涼みます。

Sigma 24mmF1.8 F2.0 ISO 100 1/100sec

やっぱり、もう出ます(^^;)

てなわけで、とっても熱い温泉でした。囲われているので開放感に乏しいですし、熱いので長湯も難しいですね。でも、道南の貴重な混浴です。